若い女性に増えるがんが問題に

af9920043773l-small 

日本人のがん発見率、死亡率がともに上がっていますが、特に問題になっているのが若い女性でがんになる方が増えていることです。

生涯でがんになる可能性をみると男性が62パーセント、女性46パーセントと女性のほうが低くなっているにも関わらず、20代~40代では男性よりも女性ががんになる率が高く、20代では男性の約1.7倍、30代では男性の約2.6倍になっています。

しかも働き盛りの年齢の女性ががんになる率が年々増えていっているので、いろいろなマイナス面が大きくなる前に政府もがん予防に力を入れ始めています。

若い女性に増える乳がん、子宮がん、子宮頸がん

af9940025264l-small

女性の身体的な構造から乳がん、子宮がんがあります。男女共に高齢になるほどがんになる率は上がりますが、20~40代で乳がんと子宮頸がんになる方が急増しています。

主な原因は2つあり、HPV(ヒトパピローマウイルス)女性ホルモンのエストロゲンです。

HPV(ヒトパピローマウイルス)は性交渉によって感染するもので、性体験のある女性の約80パーセントが感染すると考えられています。このウイルスに感染しても全員ががんになるわけではなく、ほとんどが免疫機能によりウイルスは排除されます。
ただし、HPVが排除されずに長期にわたって感染することがあり、数年を経て子宮頸がんになると考えられおり、20代~30代では数倍に増えてきています。

女性ホルモンのエストロゲンの影響を長く受けるほど、がんにかかる可能性は高くなると考えられています。

エストロゲンは月経期間に多く作られるため、早い初潮や高齢出産が影響して月経回数が増え、エストロゲンの影響を受ける期間が長くなっています。

食生活の欧米化による動物性脂肪の摂取増加が早い初潮に影響を与え、女性の社会進出による晩婚化が高齢出産に影響しているので、ライフスタイル全体を見直す必要性が出てきました。

自由にいろいろなことを選べる時代ですが、ライフスタイルのなかに病気の予防も組み込んでいくことが大切な時代と言えるでしょう。

子宮頸がんのがん検診を受けているのは20代で約20パーセント、30代で約40パーセントと先進国のなかでも低い値になっていることが今後の課題になっています。

痛くない! お家でできるがん検診「まも~る」登場!

誰でも簡単!
痛くない「がん検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円、月額費用3,480円で、がんを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。