薬

がん予防としてサプリメントの摂取を考えるならば、まずは必要な知識を付けることが大切です。必要な知識と聞くと「難しそう」と思われるかもしれませんが簡単なことを理解するだけです。

サプリメントとは医薬品でなく、不足しがちなビタミンやカルシウムなどを補給するもの」ということです。

不足しているものを補うのがサプリメントなので、それを摂取していれば大丈夫というものではありません。また、「これを飲めばがんが治る」というような詐欺まがいのサプリメントにだまされないように気を付けましょう。

不足しているビタミン・ミネラルを摂取することは身体にとって大切なことで、健康に生活するためには「がん」に関係なく大切なことです。もちろん、毎日の食事でバランスよく栄養素を摂ることが一番いいとは思いますが、ライフスタイルによってはなかなか難しい環境にあることも多いと思います。

そんなときには不足しがちな栄養素をサプリメントで補うことは大切だと思います。毎日飲み続けることには疑問を感じますが、体調が悪くなる前に、不足栄養素を短期的に補う摂取の仕方は健康な身体を保つためには有効だと思います。

緑黄色野菜や、大豆を加工した味噌や醤油を摂ることは日本人の健康にはとても大切です。ただし、その必要な栄養素が足りていないタイミングでは、サプリメントは健康に暮らすために有効な手段の一つになります。

健康な身体を維持するためにサプリメントを効果的に使うことは、結果としてがんの予防につながります。
運動、睡眠、食事など普段の生活を省みて、必要だと思うタイミングでサプリメントを効果的に摂取するようにしましょう。

サプリメントの選び方

サプリメントは合成してあるものよりも天然のものがいいと言われています。成分を合成したものは吸収率が悪いため、多くを摂取しないと身体に取り込まれないからです。サプリメントは漢方のようなものが吸収率もよく、もともとは植物などの粉ですから安心感があります。もちろん、有害な植物を使っているサプリメントは問題外ですので、購入する際には安全性を確かめてからにしましょう。

自然食品 > 天然成分のサプリメント > 合成成分のサプリメント

となるでしょう。間違っても主食ではなくサプリメントは栄養補助食品なので、不足分を補う目的で摂取するようにしましょう。

がん予防の方法とその種類(予防医療の3段階)

痛くない! お家でできるがん検診「まも~る」登場!

誰でも簡単!
痛くない「がん検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円、月額費用3,480円で、がんを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。