af0100003850l-small

先進国では減少傾向にあるがん死亡者数が日本では増加傾向にあります。日本人は2人に1人が「がん」になり、3人に1人が「がん」で亡くなっています。厚生労働省では、がん検診を受けることで、がんによる死亡を今よりも減らすことができると、がん検診の受診率を50パーセント異常にすることを目標にし、がん検診を推奨しています。

実際にがん検診を受けるのは市町村ごとになると思いますが、厚生労働省は「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」(平成20年3月31日付け健発第0331058号厚生労働省健康局長通知別添)を定め、市町村による科学的根拠に基づくがん検診を推進しています。

指針で定めるがん検診の内容

af9920040498l-small

20歳以上

子宮頸がん検診
問診、視診、子宮頚部の細胞診及び内診(2年に1回)

40歳以上

乳がん検診
問診及び乳房エックス線検査(マンモグラフィ)
※視診、触診は推奨しない(2年に1回)

肺がん検診
質問(問診)胸部エックス線検査及び喀痰(かくたん)細胞診(年1回)

大腸がん検診
問診及び便潜血検査(年1回)

50歳以上

問診に加え、胃部エックス線検査又は胃内視鏡検査のいずれか(2年に1回)
※当分の間、胃部エックス線検査については40歳以上、年1回の実施が可能。

がん検診を受ける前に

がん検診にはがんが発見できるという良い面と、診断の正確性や心理的負担の悪い面もあることを理解してから受診することが大切です。

安易に検査をしてみようという軽い気持ちで受診するものではないので、しっかりとメリット・デメリットを理解したうえでがん検診を受けましょう。

また、昨今では痛みを伴わず時間も取られない尿検査でがんのリスクが評価できるサービスがあるので、医療被曝も含めた過剰診断が気になる方は、そちらの情報も調べたほうがいいでしょう。

がん予防の方法とその種類(予防医療の3段階)

痛くない! お家でできるがん検診「まも~る」登場!

誰でも簡単!
痛くない「がん検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円、月額費用3,480円で、がんを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。