運動不足は健康によくないといわれていますが、がんに対しても同じような見解を示すデータが出てきています。日本人を対象としたある研究では、普段の身体を動かす量が多いほど、がん全体の発生リスクが低くなることが示されています。

また、運動量が多いほど心疾患の死亡のリスクも低くなる傾向にあるので、運動をすることは健康で長生きするために大切なことと言えるでしょう。

特定の部位になりますが、運動量を適度に保つことで大腸(結腸)がんのリスクを下げることは確実とデータが出ています。また、女性に限定されますが閉経後乳がん、子宮体がんのリスクを下げることは「ほぼ確実」となっています。

がん予防のための運動について

gf0110128149l-small

運動はがんに限らず、さまざまな病を予防するために大切です。国としても指針を示しており、厚生労働省は「健康づくりのための運動指針2013」のなかで基準を出しています。
※基準は「メッツ(METs)」で表されています。

18~64歳では運動量として、ウォーキングだけ(家事や掃除もしない)なら1週間に7時間40分以上になります。実際は、布団を干したり子供をお風呂に入れたりとさまざまな運動が入ることになるので、基準を満たすのはそれをほどハードルが高いわけではありません。

65歳以上では、横になったままや座ったままにならない状態を運動と捉え、毎日40分行うことが目安になっています。

「1日1時間は歩こう」と言いますが、これは確かに的を得た言葉だったんですね。他にも身体を動かしているはずですから基準は楽々クリアすることになります。

基準「メッツ(METs)」について

3メッツ×20分で1セット
23セット/週以上が目標です。
単純に計算すると69メッツ/週になります。

例)
ウォーキング(犬の散歩)を20分で3メッツ
掃除機をかけるのを20分で3.5メッツ
庭の手入れ、草むしりを20分で4.5メッツ

草むしりはそれなりに疲れますが、1時間ぐらいはあっという間に過ぎると思います。
1時間の草むしりでは4.5×3=13.5メッツになります。
掃除機をかけるのも20分で3メッツになります。

運動することでがんのリスクがどれくらい減るのか?

FotorCreated

運動量に関係することで、がんが見つかる率は
男性:0.3パーセント
女性:0.6パーセント

運動量に関係することで、がんで死亡する率は
男性:0.2パーセント
女性:0.4パーセント

と試算されています。率としてはそれほど高くありませんが、人数にすると男女合わせて1パーセントとすると、年間8万人以上が運動不足が原因でがんになっていることになります。

特に男性は肥満指数が増加傾向にあるので、日ごろの運動量が低下していると考えられます。運動をすることは糖尿病や循環器疾患など多くの生活習慣病の予防効果もあるので
積極的に身体を動かすることが大切です。

がん予防の方法とその種類(予防医療の3段階)

痛くない! お家でできるがん検診「まも~る」登場!

誰でも簡単!
痛くない「がん検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円、月額費用3,480円で、がんを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。