適度な息抜きとストレス解消を

gf1420019844l-small

昔から「病は気から」といいますが、ストレスが原因で体調不良や病気になると考えられています。医学的な側面から見ると因果関係はないように見えますが、みなさんにも一度はこんな経験があるでしょう。行きたくないところに向かわなければならないとき、出勤したくないとき、外出したくないとき、そんなときにお腹が痛くなった。

ストレスを感じることでお腹が痛くなる(体調が悪くなる)のは、大なり小なり経験があると思います。このことからも、いかにストレスを解消することが大切なのかがわかると思います。

もちろん医学的な観点から考えると、お腹が痛くなるときには、偏食やタバコ、アルコールの獲り過ぎなどいろいろな原因は考えられると思います。ですが、ストレスを感じていたときの自分自身を思い出してみれば、いかに身体や心に負担をかけているのかが理解できるでしょう。そのような状態を長く続けると一時的な体調不良から病に変わってしまうので、適度な息抜きやストレス解消は大切です。

ストレスを感じていなくてもストレスはある

af9980026099l-small
ストレスを感じている状態と言うのは身体に良くないですが、ストレスがないと感じている人も知らず知らずストレスを溜めていることがあります。

好きな仕事を頑張っていて毎日が充実しており、満足感も幸福感もあるという方や、身体は丈夫だと思っている方、毎日1万歩の運動をしているから問題がないし健康だと信じている方、そんな「健康に見える方」にもストレスが蓄積している可能性があります。

例えば、皆の期待に応えたいと頑張ることで身体を酷使したり、完璧主義で長い時間の集中力を発揮している場合、またはしっかりとした休みを取っていない場合がこれにあたります。しっかりとした休みとは、一週間のうち一日を完全な休みにするか、月に1度は土日を全くフリーの状態にする状態です。人は休みを入れないと疲れが蓄積してストレスを感じている状態になり、体調不良を起こしてしまいます。

自身が好きなことをしていても疲れは蓄積し感じ取れないストレスは蓄積していくので、周りの方の意見も真摯に受け止め、生活を組み立て直すことも時には必要です。

頑張り屋さんは、身体を痛めつけていることに気づかないことも多いので、家族や友人に休んだほうがいいと何度も言われるようなときには、自分自身の体調を冷静に見直すことがとても大切です。

がん予防の方法とその種類(予防医療の3段階)

痛くない! お家でできるがん検診「まも~る」登場!

誰でも簡単!
痛くない「がん検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円、月額費用3,480円で、がんを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。